カメラを向ける人

探偵の依頼料

 探偵に何かを依頼する際によく問題になるのが料金です。  というのも探偵というのはマニュアルがあるわけでは有りませんし、捜査方法が探偵によってかなり変わってきます。また捜査内容によって日数や人員なども変わってくるため、所謂相場というのが存在しないのです。  その為悪徳業者などが高額の依頼料を吹っ掛けたり、追加請求で初めに決めた値段とは違う値段を請求された、酷い場合では碌に捜査をしていないのに高額請求をされたという事例なども存在します。  ただし最近では法律によって契約内容を契約前にしっかりと確認する義務が生まれましたし、探偵で作る協会などで一定の指針程度ではあるのですが相場に使い物を教え、トラブルがあった場合の対応法などを教えるなど質の向上に努めています。

 基本的に相場という物があって無い世界ではあるのですが、基本的には長期の捜査であればあるほど価格は高騰し、人をたくさん使う捜査であればそれまら価格が高くなるのが一般的です。  なので一般的な業者であればあらかじめある程度の目安や予算の上限を決めます。というのもこういった探偵の捜査というのは、一定期間で答えが出るという類の物ではなく長期間にわたる物も多く、追加予算を必要とする場合も珍しくはないので予め限度額を決めておくという事になるのです。  そこで予算限度額まで達しても答えが見つからない場合は、そこで捜査を打ち切り契約終了とするか、契約継続のために追加投入の何方かを選ぶことになります。  注意すべき事として場合によってはいくら追加投入しても捜査の限界があるという事も珍しくありません。なので効果が出ないと思ったら潔く契約終了するのも重要です。